私たちがアパートの建て替えを考えた時、「自分たちも住みたいと思うところ」を貸したいと思いました。
だから、自分たちが本当に好きなもの、信頼できるものだけでできあがったアパートが
春に完成しました。

家族が毎日帰る所、家。
あたたかくて、居心地のよい所、家。

kayagreenが造園業として、できることを考えた時、家庭菜園付きのエコアパートになりました。
● kayagreenナチュラルガーデンデザイン工房X天然住宅関西オフィスの共同プロジェクト

greenfingers 自然素材でつくるエコアパートprojectの建設地 → 兵庫県明石市大久保町大窪1126-2(ナビは1130-1)
JR大久保駅より徒歩10分

● 入居に関しての資料、プロジェクトの詳細を知りたい方はkayagreen_leaf@yahoo.co.jpまで
● 入居者募集の最新情報はこちら


エコアパート図面
※ 上図面は、建物1階部分です。アパートは各世帯メゾネットの2LDK59平米+畑13平米
⚫ 現在、3世帯のみ完成

最近の畑

アパートを計画した時
目の前だから、ぱっと出てすぐできるから、
ということでアパートの前に畑をつくってもらいました。
 
6帖くらいですが、動線とかいろいろ使っているうちに変えたくなってきて
いろいろ、変わり目に形変えたりしています。


同じアングルでないのが申し訳ない
定点観測の大事さ思い知りました。
次からベランダより定期的に撮影していきます。

こちらは去年2014年4月ごろです。
まさ土と砂とバーク堆肥、薪ストーブの灰、米ぬか
まだ草も生えてなくて心細いスタート。

そんななか、けなげに芽をだしてくれました。


途中がないんですが、
はじめのころはこんな感じでスタートして、どうなるかなあと心配
三つ葉やパセリは発芽が遅くて、ああ失敗したんや、と思ったけど
冬をこしてから続々と
パセリは今年少しですが種も採れました。



こちらが今日の夕方撮った写真。
もう大根や人参の種を蒔きたいのですが…

畑の6割ほどを占領している小豆はこぼれ種から。

冬に夫が枯れ葉をたっぷりすきこんでくれたり、

水はけが悪かった場所に竹と炭を埋めたせいか(大地の再生講座で習ったやりかた)
去年も小豆をまいたのに全くボリュームが違います。
去年は10本〜15本くらいの苗でこれ以下だったのに

今年は3〜4本の苗なんです。

今畑にはえてる野菜は、生姜、里芋、ねぎ、小豆、ごぼう、ゴーヤ、レモンバーム、デイジー、ラベンダー、三つ葉、人参、えびす草、ユキノシタ、よもぎ、いちご、マリーゴールド、と思い出すかぎりでは、あとなにかあったかも。
まだまだ蚊が多いのとナメクジの数もだいぶマシですがいるので(どちらも風通しがよくないところに多い)
もっと大地を豊かにしていこうと思っています。
じつはこの小さな畑の中に稲もこっそり育てています。
来年どこかで田んぼを貸してもらえることを夢見て。
殆ど陸稲状態で思い切って育ててみましたが、分けつは少ないものの1本1本実って、
穂を垂れてくれました。
うれしい!
この秋と冬はもっともっとよくなるようにやってみよう!  (か)

☆ 兵庫県明石市のエコアパートでは現在入居者募集中です。☆
自然素材と地元の木を使って建てた畑付きエコアパート

・2LDKでシェアや家族、在宅ワークにもぴったり
・アレルギーの人でも安心して住める深呼吸したくなる家
・都会にも田舎にも近いどっちも楽しめるよくばりなロケーション
・メゾネットだからアパートだけど気分は一戸建て
・駅まで徒歩10分、駐車場当面無料
・薪ストーブ設置可能


くわしく知りたい方はkayagreen_leaf@yahoo.co.jpまで

☆内見も受付中!
10月の内見ご予約受け付けています。
お気軽にお申し込みください。

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ホーム
kayagreenについて
greenfingersエコアパートプロジェクト
オープンガーデン&スタッフブログ
ふうよう
つちとヒト
リンク
twitter&Facebook

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM